真夏のよしだ 2018.07.19

7月9日の関西地方の梅雨明けから約1週間がたちました。
ここよしだでも梅雨が明け、本格的な夏を迎えています。

最高気温が30度を超える猛暑が続き、照りつける日差しに目を細めて、汗をかきながら稲を育てる日々です。

そんな厳しい暑さの中でも、太陽の光と鈴鹿山脈から流れる豊かな水をたっぷりと吸収し、伸び伸び成長している稲の葉はよしだの夏の風景を青く爽やかな緑で彩ってくれます。



まだまだうだるような暑さが続きますが、みなさまも体調に気をつけて夏をお過ごし下さい。